未来の自分へ繋がるPMTM

夙川高校では、自分の目標や行動を「見える化」するPM(プロジェクト・マネジメント)TM(タイム・マネジメント)を行っています。PMでは、自分がするべきことやしたいことなどを書きます。TMではPMで書いたことを行動に移すためのタイムスケジュールを組みます。私たち夙川生はこのPMTMを自分たちなりに工夫し活用しています。実際に私は中学生の頃に比べ、勉強時間を約2時間、趣味の時間を約30分増やすことができました。このように夙川高校ではPMTMを通して将来に生かせる計画力や実行力を身につけることができると考えています。

自分の将来を考える場所

自分の将来、進路は必ず決めなければなりません。そんな中、多くの人が進路について悩みます。そこで役に立つのが進路指導室にあるたくさんの資料です。進路指導室にいけば、たくさんの大学入試過去問やオープンキャンパスの情報があり、自分の悩みが解決できます。進路指導の先生からも、過去の大学受験の分析から最新の大学受験の傾向まで、幅広く教えていただくことができます。また、そこに行けばモチベーションが上がるので、受験に対する意識が前向きになれます。 頼れる先生と相談しながら「なりたい自分」に向けて挑戦していきたいと思います。

ダンス部と勉強の両立

私はダンス部に所属しています。ダンス部の活動は基本的に火曜日と木曜日ですが、本番など舞台発表が近い場合は毎日7時半まで練習ということもあります。高校一年生の時はなかなか部活と勉強の両立がうまくいかず、家に帰っても疲れて寝てしまうことが多く集中して授業に取り組めませんでした。ですがPMTMを活用していくことによって時間の使い方がうまくなり、毎日部活動がある時でも、家に帰って勉強に取り組むことができるようになりました。私は高校三年生になってもPMTMを活用し、部活と勉強を両立できるように頑張っていきたいです。

制携帯について

夙川高校では一人一台制携帯が配付されます。オンライン授業の際には、Formsを使って確認テストの実施、先生がパソコンで示す資料を手元で確認する際などに使われています。また授業で分からないことがあった時、すぐに調べることができます。制携帯は学力向上のためにとても役に立っています。

特別講座について

特別講座は難易度に合わせて、基礎・標準・発展と分かれています。 基礎では基本問題を解き、教科の基礎知識を固めます。 標準では授業内容が定着するよう反復学習が行われます。そして発展では入試の過去問を解き、自分がどの立ち位置にいるのかを知ることができます。 特別講座は授業後2コマ用意されており、自分の進路にあった講座を受けることができます。

個別指導について

放課後には授業で分からなかった所や、補足したい部分を個別に先生方へ聞きに行くことができます。授業担当の先生方だけではなく、他の先生方にも聞きに行くこともあります。勉強のことだけではなく勉強の仕方も教えてくださります。自分にあったスピードで細かく教えてくださるのでとても分かりやすいです。

運動部について

夙川高校の運動部の特徴は顧問の先生や先輩方との距離が近いので自らの意見がとても反映されやすいことです。また多くの運動部は週3日の活動で、7時頃に終了します。部活動のない日は特別講座を受講する、また部活動後の9時学を利用することで勉学と部活動の両立も可能です。

文化部について

美術部では週3回を目安に特別講座や自宅での時間、自分の作品の進み具合などを先生と相談しながら自分にあった活動をしています。主な活動は、作品展やコンクールに出品するための作品制作で、日々画力の向上を目指して活動しています。他には学校行事のパンフレットなどの制作をし、学校行事に貢献することもあります。