教育目標・教育方針

教育目標

  • 自分らしさを育む
  • 「個性」を伸ばす
  • 「得意」を伸ばす

教育方針

  • 生徒の個性を最大限に伸ばす
  • 生徒の「好き」を大切にする

3つの「生きる力」

専門性

Specialty

  • 基礎学力
  • 論理的な思考力
  • 専門性
  • 独創性

人間性

Humanity

  • 人間性
  • 倫理観
  • 社会性
  • 責任感
  • 仕事に対する意識の高さ

国際性

Internationality

  • コミュニケーション能力
  • プレゼンテーション能力
  • 実行力
  • 異文化理解能力

「個性」と「得意」を伸ばすための環境を整えています。学びの特色

  • ダブルスクール不要

    放課後、各教科で習熟度に合わせた特別講座を開講しており、生徒は希望する講座を自分で選択して受講することができます。また放課後だけでなく長期の休み中も開講されます。

  • 基礎から確実に積み上げる

    1年次で学力の土台をしっかりと作り、2年次・3年次と学力を積み上げていきます。興味ある分野を伸ばすことで、自ら学ぶ意欲を養います。

  • 部活動と両立する

    計画的に時間を使い、質の高い授業を活用することで、勉強と部活動を両立させて文武両道を実現します。

  • 新しい入試制度に対応するカリキュラム

    2020年度からの大学入試制度改革に対応するために求められる主体性・多様性・協働性を身につけるため、英語力を磨く・キャリア教育・個別指導・受験対策などを行います。

  • 英語力を磨く

    読む力・書く力だけでなく、聞く力・話す力が身につくようにします。また、ネイティブ教員による英会話授業、エンパワーメントプログラムなどの国際交流を通して英語で表現する力を身につけます。

夙川高等学校の教育

TBM教育

真の目的は「創造性を育む」こと

金曜日の1時間目に、「タイムマネジメントの時間」があります。「目標を達成するために何をすべきか」を書き出すのがPM(プロジェクトマネジメント)、そして「それをいつするのか」をスケジュールに落とし込んでいくのがTM(タイムマネジメント)です。TBM教育が目指す本当の意義は「創造性を育む」こと。「生きた時間」を使って様々なことにチャレンジしてほしいと願っています。

TBM(To Be Myself)シートの活用でさらに中身のあるものに

TBMシートは新学期を迎えるたびに将来の夢や長期的なテーマについて考え、シートに書いていきます。「なりたい自分」をイメージしておくことで日々の取り組みがさらに中身の濃いものになっていきます。

PMTMを使うことで偏らない学習プランができます。

TBM・xyzT・PQRSノート

  • TBMシート
    「なりたい自分」を書き出す
  • xyzTシート
    自分の心と向き合って、自分の考えを確かめる
  • PQRSシート
    自分と周囲との関わりを考え、どのように行動するのかを考える

プロジェクトマネジメントノート

  • 大きな目標
    (なりたい自分・進路目標)
    小さな目標
    (1年、学期、月、週)を決める
  • 目標達成のためにするべきことを決める
    (具体的学習・部活動・趣味等)

タイムマネジメントノート

  • 「する」と決めたことをいつするかを決める
    (スケジュール管理)
  • 過ごした時間を分析し、生活に改善を加える

LCT(リーダーシップ)教育

集団の中で「自分の役割」を考え、行動する力を養う

学校行事やクラス活動を通じ、集団生活の中での自分の役割を考える機会を設けています。生徒自らがリーダーシップを発揮し、協力して1つのものを創り上げることで、社会生活におけるコミュニケーション能力を育成します。「誰でも1度はリーダーになってみよう」という方針の下、学校行事やプロジェクトでは、生徒が立候補して自分自身のあり方を学ぶ機会を得ることができます。

体育祭:団に分かれての競技

国際理解教育

様々な国の人の文化を受け入れ理解する

高校1年生の希望者を対象に短期留学のプログラムがあります。夏はカナダ・ブリティッシュコロンビア大学、春はイギリス・ケンブリッジ大学に行きます。
また、本校で海外の大学生たちと英語のディスカッションなどを行うエンパワーメントプログラムを実施しています。
国際的な視野を身につける貴重な機会です。

エンパワーメントプログラム高1希望者対象

海外の大学に通う大学生たちとの英語によるディスカッションを通じて、自分の意見を英語で表現する能力を養います。1週間のホームステイを受け入れると、家族ぐるみで国際交流ができます。

エンパワーメントプログラム修了証授与

カナダ短期留学高1希望者対象

カナダの名門ブリティッシュコロンビア大学で語学研修を行います。現地の大学生との交流を通じて、コミュニケーション能力を高め、多民族国家であるカナダの文化を理解することができます。

留学先での授業

イギリス短期留学高1希望者対象

イギリスの名門大学の学生寮に2週間滞在し、語学研修を行います。現地の大学生と共に生活し、様々なアクティビティを通してイギリス文化に対する理解を深め、国際的な視野を広げます。

現地教員とのディスカッション

ICT教育

情報社会に必要なリテラシーとモラルの向上を図る

校内では、Wi-Fiで安全にインターネットに接続できる環境が整っています。入学時に、1人1台の「制パソコン」・「制スマホ」を支給し、危険性、ルールやマナーについて指導します。授業や課題活動で積極的に活用していくことで、情報リテラシーの向上を図っています。全生徒が情報端末を持つことで、双方向オンライン授業、緊急連絡等にもスムーズに対応できます。

最新の設備が整った情報室では、制パソコンを使った授業が行われます。

BNIT教育

演習を通じて、メディアリテラシーを養成する

BNITとは、Books、Newspaper、Internet、Televisionの頭文字を組み合わせたものです。 中1、高1で実施する、情報検索の方法を学び、問題解決能力などを養う授業です。参考文献の示し方、引用の仕方などを指導し、メディアリテラシーを養います。個人研究に活用でき、大学でも役立つ論文執筆作成の基礎力も身につけられます。

本・新聞・パソコンを利用して、さまざまな調べ学習に取り組んでいます。

平和教育

「平和」であることの意味と大切さを理解する

平和の重要性を学ぶ目的で、高3で広島を訪問します。現地を訪問する前に、事前学習として被爆体験伝承者さんが本校に来校し、実体験の話をしてくれます。それを聞き、現地で実物を見ることで、客観的データだけではわからない、よりリアリティのある戦争の悲惨さや平和の尊さを感じる訪問となります。

平和セレモニー

首都探訪

「古の都を知る」ために飛鳥・奈良・京都・大阪へ、「現代の都を知る」ために東京へ研修旅行に

古都研修では、日本の都の変遷の歴史と日本の文化について理解を深めます。
東京研修では、大学や政府機関、企業等を訪ね、自分の進路についても考えます。

古都研修

「古き都を知る」ために飛鳥・奈良・京都へ研修旅行に行きます。日本の都の変遷と日本の文化について理解を深めます。

京都・嵐山

大阪・大阪歴史博物館

奈良・法隆寺

東京研修

「日本の首都を知る」ために東京へ研修旅行に行きます。政府機関や大学、企業等を訪ね、自分の将来(進路)についても考えます。

江戸東京博物館

東京ディズニーランド

日本科学未来館

その日のうちに完全に理解する授業が基本

  • 面白い授業

    面白い授業

    学力向上の第一歩は、その教科を好きになることです。生徒がその教科を好きになるような授業を展開していきます。

  • 役に立つ授業

    役に立つ授業

    知識を得るだけでなく、知識を生活の中で使っていくことで学びの本質にアプローチしていきます。

  • 双方向の授業

    双方向の授業

    先生の一方向的な講義ではなく、生徒からの質問、意見交換などを通して自ら学ぶ意欲を養い、個々の進路を実現する学力の定着を図ります。

主体的な学びを大切にするダブルスクール不要

特別講座自らのニーズに合わせて選ぶ

1・2年生では、英語・数学・国語を中心として、基礎から発展まで様々な段階を網羅した特別講座を放課後や長期休暇を利用して開講します。3年生になると、大学受験に向けたより実践的な講座が開講されます。生徒は自身の状況に応じて自由に講座を選択することができます。受講料は必要ありません。

  • Basic(基礎)
    指名・希望選択
  • Standard(標準)
    希望選択
  • Advanced(発展)
    希望選択

9時学夜9時まで自習が可能

集中して学習したい生徒のために、午後9時まで自習室を開放しています。

2020年度 特別講座の一例

特別講座の一例

生徒一人ひとりの得意を伸ばす徹底した個別指導

1対1の個別指導

徹底した個別指導で築かれる生徒と教員の信頼関係

夙川高等学校の最大の特徴は手厚い個別指導です。一人ひとりの課題を1対1で解決し、生徒のやる気を引き出す個別指導こそが生徒個々の真の成長につながるものであると確信しています。

少人数指導

徹底した個別指導で築かれる生徒と教員の信頼関係

同様の疑問を持つ生徒たちに解説をするなど、状況に応じて少人数指導を行います。授業・特別講座や個別指導に加えて、生徒たちにとって非常に有意義な機会となっています。

個別ファイル

生徒の学力を分析する

生徒一人ひとりの個別ファイルを作成し、定期考査や模試結果などの成績を3年間を通じて管理・分析しています。学級担任・教科担当・進路指導部が三位一体となり、数値に基づいた具体的な進路指導を実現します。

豊富なデータを誇る進路指導室

必要な時に必要な情報を

進路指導室では、全国の大学情報や過去の入試問題、さらに卒業生の入試レポートなど豊富な資料を収集し、生徒や保護者への提供を的確に行います。

やる気を引き出す丁寧な指導で可能性を最大限に伸ばす受験対策と進路の実現

大学入試制度改革のポイント

夙川高等学校の取り組み

英語学習の取り組み

国際理解教育を徹底して深める

「話す」を中心とした英語4技能(聞く・読む・話す・書く)対策として、“Phonetics”(音からはじめる授業)で、まず正しい発音を身につけることを重視します。海外の学校との積極的な交流などにより「国際理解教育」においても充実したプログラムを用意しています。

論理国語講座

考えるべき課題、正しい論理を追求

これからの社会ではますます思考の流れを整理し、説明する「記述力」が問われるようになります。正しい結論に導くクリティカルシンキングを身につける基礎的態度を育成し、ディベートのスタイルも学びます。「小論文」「志望理由書」の書き方も実践的に習得することができます。

飛び立て!未来のScientists!講座

実験を題材にデータを分析、検証

実験をもとに、そのデータ、情報を読み取り、考察・検証する力の向上を目指します。「基礎的実験技術の習得」「実験ノートの作成」「実験考察の仕方」も重要なカリキュラムと位置づけています。「探究学習」にも力を注ぎます。

グローバルに活躍する人を育てる英語力を磨く

  • Phonetics(フォネティクス)

    発音体系を身につけるために必要な「音から始める、耳を鍛える教育」です。英語が自然に口から出る回路を養います。発音記号の習得も重要です。正しい発音の仕方を習得するためのプラクティス、上達するためのエクササイズを繰り返します。

  • Phonics(フォニックス)

    英語圏ではこどもに読み方を教えるための教育方法として用いられています。フォニックスを学ぶことで『英語が読め、英語が書ける』という技能が身につきます。

  • CLIL(クリル)

    Content and Language Integrated Learning

    他の教科と英語の語学学習を統合したアプローチです。教科内容を題材に英語の4技能を高めることができ、生徒たちの発信能力を高め、英語教育の質的向上を目指します。

  • 新入試対応(4技能)

    • GTEC
    • 英検
    • TOEFL
    • TEAP

    2020年度から始まる大学新入試制度の下で、英語入試の4技能化が進み、資格・検定試験を利用した入試も増えています。本校ではGTEC、実用英語技能検定、TOEFL、TEAPなどを活用しながら、新入試に対応できる力を身につけます。

Teachers’ Voice

理科長谷川 慎

理解と感動が原動力

理科を学ぶということは、世界の仕組みを知ることです。例えば空に浮かぶ虹や雲のような、直接触れることができないスケールの大きな自然現象も、ノートと鉛筆で理論を考えれば、その仕組みを知ることができます。自分が心から納得したとき、そこには心をゆさぶる感動と、もっともっと学びたいというモチベーションが生まれます。それを続けた先には、いつかあなたが新しい何かを生み出す未来があるはずです。楽しくやりましょう。

社会科淺田 大樹

過去から検討する問題解決へのアプローチ

社会科は現代の諸問題をどう解決へと導くかを考える科目です。先人達は、歴史的に困難な問題に直面しても対処してきました。令和の時代にも、先人達の行動から、ヒントがあるはずです。過去の事象を現代の事象に当てはめることで、問題を解決へと導くという考え方を、生徒の皆さんには、体感してもらいたいと思います。

英語科Edward Leyland

Success is a process

Constant learning and improvement in all aspects of the students’ lives, in and out of the school, is paramount. As such our school’s terrific international programs, camps and English oral communication course provide a solid base from which students can derive courage and confidence in their language and personal development skills. These acquired skills will help the students in their advancement toward the realization of their goals and dreams, now and into the future.

社会科伊藤 充子

先人の思いを受け取り、未来へ繋ぐ学びを

「社会科」は、年代や人物名・制度などを覚えることがゴールではありません。教科書には過去の人々が懸命に生き、未来を思い挑戦した、数多くの成功と失敗が記されています。過去の人たちの思いを受け取り、より良い未来を築くために学ぶのです。さらに、今の私たちには学ぶだけでなく、調べること、考えを述べる自由も与えられています。覚えるだけの「社会科」から抜け出し、本当の面白さの中へ飛び込みませんか?